[取引所]初めての仮想通貨投資にはbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ!メリット/デメリットを解説

マルコ
こんにちは、マルコです。今回は日本の一大取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)を紹介します!ビットコインFXならここがおすすめです。
bitFlyer(ビットフライヤー)
ビットコインの取引量が世界最大級の取引所。メガバンクなど大企業の出資を受けており、セキュリティも強固なので、とても安心できる取引所です。仮想通貨投資をはじめてみようという方におすすめです。

bitFlyer(ビットフライヤー)のメリット

1. ビットコインFXが使いやすい

bitFlyer(ビットフライヤー)ではビットコインFX(Lightning FX)の取引量が非常に多いです。

FXでは、証拠金(軍資金)を預けるとその金額の何倍もの額の取引をすることができます。

bitFlyerは、最大15倍までの取引が可能になります(Coincheckは最大5倍)。一攫千金を狙う人や、短期で利益を出したい人はFXがおすすめです。

FXでは、値下がりしている時も利益を出すことが可能なので投資の引き出しが増えますね!

他の取引所をメインに使っている人でも、とりあえずbitFlyerに登録しておくという方は多いです。僕はbitFlyerはたまにFXで遊ぶ用に使ってます( ´ ▽ ` )

2. セキュリティが固いので安心

取引所を選ぶうえで、その取引所が安全かどうかはとても重要です。

なぜなら、仮想通貨は電子上のお金なので、自分のアカウントにハッキングされて一度盗まれてしまうと二度と戻ってこない可能性が高いからです。

もちろんウォレットで管理して保管するのが一番ですが、取引のためにある程度のお金は取引所に置いておく必要はあります。

だから、取引所のセキュリティの安全性は大事なのです。

この点、bitFlyer は、セキュリティに世界最高の認証局の一つである DigiCert (デジサート)の証明書を採用しています。

また、ユーザーのコインはコールドウォレット(インターネットに接続していないコインの保管場所)に保管されているので、ハッキングでコインが盗まれる可能性は極限まで低くなっています。

3. 安心の盗難補償サービス

先述の様に、仮想通貨は電子上の通貨なので、一度奪われてしまうと取り戻すことはかなり難しいです。

bitFlyerは、三井住友海上保険と連携して、取引所から通貨が盗まれた際に、最大500万円まで被害額を補償する「盗難補償」サービスを提供しています✌︎(‘ω’✌︎ )

Coincheck(コインチェック)にも盗難補償サービスはありますが、最大補償額が100万円なのでbitFlyerはこの点かなり安心ですね!

注意事項
補償サービスは「2段階認証を設定している人」しか受けられないので、絶対に2段階認証は設定しておきましょう!

4. 出資している企業がスゴイ

bitFlyerには、三菱UFJキャピタル三井住友海上キャピタルリクルート電通GMOなど誰もが知っている大企業が何社も出資しています。

bitFlyerの経営体制がかなり安定していることが伺えますね。わけのわからない企業にこんな大企業がこぞって出資することはありえないですよね。

5. アプリが使いやすい

bitFlyerは、スマートホンでもアプリをダウンロードして使うことができます。

そして、このアプリが使いやすいと評判です。

スマートホンで簡単に仮想通貨の売買や入金/送金ができるのは便利ですよね。画面もシンプルでとても見やすい( ・∇・)

6. 他にはないサービスが充実している

bitFlyer(ビットフライヤー)には他の取引所にはないサービスがたくさんあります。

「ビットコインをもらう」

「ビットコインをもらう」サービスは、サービスの登録やクレジットカードの発行、買い物をすることでビットコインをもらうことができるサービスです。よくあるポイントサイトのビットコインバージョンですね( ◠‿◠ )

「ビットコインをつかう」

先ほどの「ビットコインをもらう」サービスで手にしたビットコインを実際につかうこともできます。実際に「モノ」に変えることができるのはいいですね。

bitFlyer(ビットフライヤー)のデメリット

スプレッド(手数料)が高い

bitFlyerは、ビットコインにしか「取引所」がなく、他のコインは全て「販売所」です。

だから、bitFlyerに支払う手数料が取引所よりも多くかかってしまうんです。

この金額は、通貨の金額によっても変わってきますが、やはり自分で取引を行う「取引所」に比べると割高になってしまいます。

しかも、手数料は、小さいようで何回も売買を行っていくと結構大きいです。『塵も積もれば山となる』ですね(°_°)

なので、「販売所」で仮想通貨の売買に慣れてきたら「取引所」に登録することをおすすめします。

おすすめの「取引所」を国内と海外から1つずつ紹介しておきますのでよければそちらも合わせてご覧ください。

[取引所]海外の取引所ならBinance(バイナンス)一択!メリット/デメリットと登録方法をかんたん解説

2018.01.20

[取引所]日本の取引所なら手数料が圧倒的に安いZaifがおすすめ!メリット/デメリットをかんたん解説

2018.01.19

bitFlyerのメリット/デメリットまとめ

bitFlyer(ビットフライヤー)のメリット
  1. ビットコインFXが使いやすい
  2. セキュリティが固いので安心
  3. 安心の盗難補償サービス
  4. 出資している企業がスゴイ
  5. アプリが使いやすい
  6. 他にはないサービスが充実している
bitFlyer(ビットフライヤー)のデメリット
  • スプレッド(手数料)が高い

bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコインの取引量が世界トップクラスの日本でも先駆けと言える取引所です。

まだ取り扱い通貨もあまり多くないですが、これから徐々に増えていくと思います( ´ ▽ ` )

bitFlyerはFXがかなり盛んなので、とりあえず登録だけしとくのがいいと思います!

登録方法と入金方法はこちらでまとめていますのでどうぞ✌︎(‘ω’✌︎ )

[取引所]bitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法と入金方法を徹底解説

2018.01.25
The following two tabs change content below.

マルコ

アメリカ在住の大学生。 2016年の夏から仮想通貨投資をしています。学生から投資をすることの大切さを実感し、投資をしたことがない人でもわかるようなブログを目指しています。海外記事の翻訳もやるので気軽にご連絡ください。
スポンサードリンク