ブロックチェーンは本当に世界を変えてしまうのか?

新しいテクノロジーは、これまでさまざまな産業や株式に利益をもたらしてきました。もし、新しいテクノロジーが生まれてきていなかったら、経済は今よりも非効率で、成長の機会はかなり限られたものになっていたでしょう。

もちろん投資家にとって難しいのは、どのような種類の新しいテクノロジーが利益を生むのか見極めることです。近年では、ブロックチェーンが投資家たちの議論の的になっています。ブロックチェーンは本当に広い範囲にわたって経済的な利益を生む可能性があるのでしょうか?それとも、投資家たちは、ブロックチェーンの先行きに期待しすぎているのでしょうか?


ブロックチェーン技術

ブロックチェーンは理論上は比較的シンプルな技術にも関わらず、かなり効果的な技術でもあります。ブロックチェーンとは、コンピューターで構成されるネットワークが、リアルタイムで経済的な取引を更新する電子台帳システムです。台帳はネットワークによって継続的に承認され、共有されます。また、ブロックチェーンはお金の取引だけでなく、他の種類の価値のある情報を記録することにも効果的な技術です。

ブロックチェーンは、かなり広い分野で使用することができるでしょう。代表的なものは、お金の送金です。ブロックチェーンを使うことによって中間業者を排除することができるので、より効率的に送金を行うことができます。中間業者がいなくなるという点で、余計な手数料を支払う必要がなくなり、利益の向上にもつながります。さらに、データは一つの場所ではなく、ネットワークによって分散管理されるので、企業と消費者両方にとって安全性が高まるともいうことができます。

ブロックチェーンの採用

これまでのところは、各企業はブロックチェーン技術の使用について前向きであるように思われます。現在では、一般にブロックチェーンといえばどうしてもビットコインと結びつけて考えられてしまいますが、大多数の仮想通貨はブロックチェーンを使っているので、徐々にビットコインとブロックチェーンは別物なんだという認識が広まってきています。もし仮にビットコインがただの投機バブルになってしまったとしても、ビットコインの基になっているブロックチェーン技術が世界中の産業で良い影響を与えていくかもしれません。


注意点

新しく生まれたテクノロジーはなんでも、最初は問題にぶつかる傾向にあります。たとえブロックチェーンが安全性や信頼性という点で優れているように見えたとしても、新しい産業で大規模に使用されるとなれば、新たな問題が出てくるでしょう。つまり、ブロックチェーンの実用は突然全てを変えてしまうわけではなく、徐々に成長し浸透していくので、実際の取引に影響を与えるようになるまでは一定の時間がかかるのです。

見通し

しかしながら、ブロックチェーン技術はさまざまな分野で適用することができる技術です。現時点では、投資家が直接ブロックチェーンから利益を得ることは難しいにしても、ブロックチェーンが利用されような分野に注目していくのは良いことでしょう。

*翻訳元(https://www.fool.com.au/2018/03/18/could-blockchain-change-the-world-forever/)

The following two tabs change content below.

マルコ

アメリカ在住の大学生。 2016年の夏から仮想通貨投資をしています。学生から投資をすることの大切さを実感し、投資をしたことがない人でもわかるようなブログを目指しています。海外記事の翻訳もやるので気軽にご連絡ください。
スポンサードリンク