ライトニングネットワークってなに?仕組みをかんたん解説。

マルコ
こんにちは、マルコです。今回はライトニングネットワークという言葉について解説してみたいと思います( ・∇・)

なぜライトニングネットワークが求められるのか

そもそも、「なんでライトニングネットワークが必要とされてるの?」と思われる方も多いと思います。

その1番大きな理由は、ライトニングネットワークが、「スケーラビリティ問題」を解決することができるからなんです。

スケーラビリティ問題とは、簡単にいうと利用者が増えすぎて処理速度が遅くなってしまうことです。

例えばビットコインのブロックチェーンでは、一つのブロックのサイズが1MBに制限されています。

つまり、処理しなければいけないトランザクション(取引)が増えていけば、取引が詰まって処理速度が遅くなってしまうんですね。

またトランザクションの処理が詰まってしまうと、トランザクションを優先的に認証してもらおうと手数料を多く払う人が出てきて、結果的に手数料が底上げされてしまうという問題もあります。

これの解決策として「ハードフォーク」や「セグウィット」などがありますが、いずれもこのスケーラビリィ問題を完全に解決できる訳ではありません。

しかし、「ライトニングネットワーク」が実装されることで、処理できる取引の数を格段に増やすことができます。

Segwit(セグウィット)ってなに?仕組み・特徴を解説

2018.02.01

ハードフォークってなに?仕組み・特徴を解説

2018.01.29


ライトニングネットワークとは?

ライトニングネットワークとは、「ペイメントチャンネル」を使った、「オフチェーン」でトランザクション(取引)を処理することができる技術のことです。

オフチェーンとは?

オフチェーンとは、オンチェーンの対義語にあたるもので、ブロックチェーンの外で行われる取引の処理のかたちです。

取引がブロックチェーン上で行われないので、トランザクション(取引)がブロックチェーン上に記録されることはありません。

オンチェーン・オフチェーンってなに?仕組み・違いをかんたん解説。

2018.02.05

ペイメントチャンネルとは?

ペイメントチャンネルは、この「オフチェーン」でトランザクションを処理する形の一つで、簡単にいうと「2者間で送受金を何度行っても、一度のブロックチェーンに記録するだけで済む」という技術です。

先ほども述べたように、「スケーラビリティ問題」が大きくなっていくにつれて、送金の手数料が高くなるという問題が起こってしまいました。

例えばビットコインは一度送金するたびに1000円以上手数料がかかってしまうんですね(´・_・`)

一方ペイメントチャンネルでは、最終的な記録だけをブロックチェーンに記録すればいいので、手数料がかかるのは1回だけということになります。

このことによってトランザクションあたりにかかる手数料を少なくすることができるのです( ◠‿◠ )

ペイメントチャンネルの問題点

しかし、ペイメントチャンネルにも問題点はあります。

それは、取引が2者間に限定されてしまうということです。

2者以外の他の人と取引をするには新たにチャンネルを開く必要があるので、多くの人と取引をする場合には効率が悪くなってしまうんですね(>_<)

ライトニングネットワークによるマイクロペイメントの実現

そこで、第三者を経由してペイメントチャンネルで繋がっている人であれば、誰にでも送金ができるようにするのが、「ライトニングネットワーク」です。

通常であれば、AさんからDさんの間でトランザクションを行うときには、間のBさんとCさんを経由し、信用を得る必要があります。(非常に簡略化した例です)

しかし、ライトニングネットワークでは、AさんがBさんとCさんを経由してDさんとペイメントチャンネルで間接的に繋がっていれば、Aさんは間にいる二人を信用することなく、Dさんに送金することができるのです。

ライトニングネットワークのメリット

このように、ライトニングネットワークが構築されることで、これまでみてきたように「スケーラビリティ問題」を解決することができます。

つまり、これまでよりも取引にかかる処理時間が少なくなり、手数料もやすくなるんですね( ・∇・)

また、手数料がやすくなると送金のハードルが下がるので、マイクロペイメント(0.00000001BTCからの少額送金)ができるようにもなります。


おわりに

ビットコインの送金と聞くと、遅かったり、手数料が高いなどのネガティブなイメージを持つ方が多いと思います。

しかし、セグウィットやそれによるライトニングネットワークの構築によって、ビットコインを送金する際にかかるストレスはかなり改善されて行くでしょう。

今もまだ開発は日々行われているので、これからの成長を楽しみに見守っていきましょう( ^ω^ )

The following two tabs change content below.

マルコ

アメリカ在住の大学生。 2016年の夏から仮想通貨投資をしています。学生から投資をすることの大切さを実感し、投資をしたことがない人でもわかるようなブログを目指しています。海外記事の翻訳もやるので気軽にご連絡ください。
スポンサードリンク