パブリックチェーン・プライベートチェーンってなに?しくみ・違いをかんたん解説。

マルコ
こんにちは、マルコです。今回は、パブリックチェーンとプライベートチェーンという2つの言葉について解説していきます。

パプリックチェーンとは?

ブロックチェーンには、大きく分けて「パブリックチェーン」と「プライベートチェーン」の2つの形があります。

一つは、現在ビットコインなど多くの通貨に採用されている「パブリックチェーン」です。

「パブリック(=公共)」という言葉からもわかるとおり、パブリックチェーンでは、管理者が存在せず、P2Pネットワークで取引を管理します。

つまり、誰でもネットワークに参加できるので、「パブリック」というわけです。

「ブロックチェーン」と聞いて、ほとんどの人が考えるのはこのパブリックチェーンだと思います。


パブリックチェーンのメリット

ネット上での「トラストレス」を可能に

これまでのインターネットでは、「信頼を証明」することは非常に難しいことでした。

これはどういうことかというと、インターネットでは、やり取りをしている相手が本当に信用できるのかどうか、本当にその人なのかどうかを確かめることができないのです。

たとえば、私たちは楽天やメルカリなど、ある程度社会的に信用できる企業ではなんの疑いもなく買い物をしています。

つまり、経済的な取引を行うときに、「組織」を信頼してそれをしているのです。

しかし、よく考えてみると、開いているサイトが本当の楽天なのか、楽天になりすました詐欺サイトなのかを見分けるのは簡単ではありません。

また、仮に本当のAmazonのサイトにアクセスできていたとしても、途中で誰かが決済の情報を改ざんしているかもしれません。

そのため、これまではインターネット上で通貨などの価値があるものを送り合うことは難しいことでした。相手が誰だか証明する方法がないし、送りあっているデータ/情報が正しいかどうかもわからないからです。

一方パブリックチェーン(ブロックチェーン)は、改ざんが理論上不可能で、分散管理されているので、「情報の正当性」を保証できる仕組みです。

これによって、インターネット上で「信頼を確立」することができるようになり、もはや楽天やメルカリのような組織を信頼する必要はなくなったのです。

この点で、パブリックチェーンは非常に革命的であるということができると思います。

改ざんのリスクが少ない

パブリックチェーンでは、信頼できない者どうしが、一緒になってブロックチェーンを管理するシステムです。

つまり、プライベートチェーンよりも取引の検証・承認を厳しく行わないといけません

また、パブリックチェーンはプライベートチェーンよりも参加するノード(コンピューター)が圧倒的に多いので、承認の回数も必然的に多くなります。

これらのことから、パブリックチェーンはプライベートチェーンよりも改ざんのリスクが低いということができます。

カウンターパーティリスクがない

カウンターパーティリスクとは、中央の管理者の情報漏洩や改ざんによって、被害をうけてしまうことを言います。

この点、パブリックチェーンはそもそも管理者が存在しないので、カウンターパーティーリスクの心配はまったくありません。

パブリックチェーンのデメリット

システム変更がしにくい

パブリックチェーンは、みんなで管理を行なっているので、ブロックチェーン上のシステムを変更する際に、なかなか一つの答えを決めることができません

たとえば、昨年ビットコインの「スケーラビリティ問題利用者が増えすぎて処理速度が遅くなってしまうこと)」の解決方法をめぐっては、1つのブロックのサイズを拡張すべきだと主張するマイナーと、ブロックの大きさはそのままで、取引データを圧縮することで1つのブロックに書き込める量を多くする「セグウィット」を主張するコア開発者との間で議論が起こりました。

しかし、結局議論は平行線をたどり、決着はなかなかつきませんでした。

これは、ブロックチェーンに特定の管理者がいないためです。管理者がいないことはブロックチェーンの一番大きな特徴でもあるのですが、全員がまとまりにくいというデメリットもあるんですね。

Segwit(セグウィット)ってなに?仕組み・特徴を解説

2018.02.01

取引の承認が遅い

パブリックチェーンでは、取引の承認・検証の基準が厳しく、また参加するノードが非常にたくさんあります。

これによって改ざんのリスクが少なくなるのですが、一方で取引の処理が遅くなってしまうというデメリットもあります。

たとえば、ビットコインでは1ブロックの作成に10分の承認・検証時間がかかってしまいます。


プライベートチェーンとは?

プライベートチェーンは、パブリックチェーンと対になる概念です。

プライベートチェーンは、パブリックチェーンのように、誰でもネットワークに参加できるわけではありません

ブロックチェーンの管理者が、どのコンピュータがネットワークに入るかを決め、ブロックチェーン全体を一括管理します。

つまり、プライベートチェーンのネットワークは、パブリックチェーンと比べて、閉鎖的で、限定されているということですね。

実際、プライペートチェーンに参加するネットワークは基本的に10台以下であるのが普通です。

プライベートチェーンのメリット

51%攻撃の心配がない

ブロックチェーンは、過半数のノードを特定の集団が握ってしまうと、不正なブロックが作られブロックチェーンにダメージが与えられてしまいます。これは「51%攻撃」問題と呼ばれます。

しかし、パブリックチェーンではこのような攻撃は起こりえません。

なぜなら、ネットワークに参加しているノードが、管理者によって選ばれているからです。

つまり、プライベートチェーンのノードは全て信頼性のあるノードなのです。

システムの変更がかんたん

プライベートチェーンには、パブリックチェーンと違い、明確な「管理者」がいます。

そのため、システムを変更する場合に全員の承認を必要とせず、管理者が勝手に決めることができます。

つまり、システムの変更を比較的容易にできるんですね。

たとえば、企業がブロックチェーンを運用する場合には、柔軟にシステムを変更する必要があるので、プライベートチェーンの方が適しています。

取引の承認が早い

プライベートチェーンでは、管理者によって選別された少数のノードによって運営されており、取引の承認・検証をすばやく行うことができます。

1万人の間で合意形成をするよりも、10人の間で合意形成をする方が圧倒的に手軽で早くできますよね。

そのため、パブリックチェーンのように、過度に時間がかかってしまうことなく、取引の処理時間を短縮することができるのです。

プライバシー性が高い

パブリックチェーンは、管理者が存在しない、みんなで共同管理するシステムです。

そのため、「誰が、いつ、誰に、いくら送金したのか」という取引の情報を、世界中の人が見ることができます。

これでは、プライバシーを守ることなどできません。

一方、プライベートチェーンは管理者がいるので、取引情報の公開を自由に制限することができます。

つまり、ブロックチェーン上でのプライバシーをある程度確保することができるのです。

プライベートチェーンのデメリット

カウンターパーティリスクがある

カウンターパーティリスクとは、中央の管理者の情報漏洩や改ざんによって、被害をうけてしまうことです。

プライベートチェーンは、中央の管理者が一括でブロックチェーンを管理しているので、このリスクを避けることはできません( ´Д`)

もし、中央の管理者がハッキングなどの攻撃を受けてしまったり、内部の情報が漏れてしまうことがあれば、ブロックチェーン内の取引情報も流出してしまう可能性があるのです。

これはパブリックチェーンを用いる上で一番注意しておきたいポイントですね。

不正を発見できないリスクがある

プライベートチェーンには、ブロックチェーン上の不正を発見できないリスクが高くなってしまいます。

なぜなら、プライベートチェーンでは参加するノードの数が少ないので、どうしても取引を検証できる数がパブリックチェーンよりも少なくなってしまうからです。

その分パブリックチェーンよりも取引の処理は早いのですが、一長一短なんですね。

おわりに

パブリックチェーンとプライベートチェーンは同じブロックチェーンの方ですが、根本的な考え方は、まったく違います。

パブリックチェーンは、みんなが参加できて管理者がいない自由な仕組みです。これは、従来のしくみとはまったく違ったものです。

一方、プライベートチェーンは、ブロックチェーンというシステムを使ってはいるものの、これまでと同じような中央の管理者によって運営されており、参加者も管理者によって決まられます。

どちらのしくみが良いかは一概には言えませんが、どちらが主流派になるかによって今後の社会のあり方も変わっていくことは間違い無いでしょう。

The following two tabs change content below.

マルコ

アメリカ在住の大学生。 2016年の夏から仮想通貨投資をしています。学生から投資をすることの大切さを実感し、投資をしたことがない人でもわかるようなブログを目指しています。海外記事の翻訳もやるので気軽にご連絡ください。
スポンサードリンク