なぜ学生こそ仮想通貨に投資をすべきなのか

マルコ
こんにちは、マルコです。今回は学生が(仮想通貨)投資をする利点について書こうと思います。

最近、大学の友達など同年代の人たちと仮想通貨の話題になることもあります。

そのなかで僕が一応自分が仮想通貨投資をやっていることを伝えると、たいていの友達からは、『仮想通貨ってアブないらしいよ!!〇〇(僕の名前)誰かに騙されてるんじゃないの??』と仮想通貨に対してネガティヴな反応が返ってきます。

その友達が仮想通貨の従来では考えられないようなボラティリティ(価格変動率)を危惧して僕に注意してくれてるならいいのですが(笑)、実際は違います。

彼ら/彼女らは、ただ単に「仮想通貨という市場」、もしくは「投資そのもの」に対してアレルギーがあるのです。

彼らが仮想通貨や投資自体にアレルギーを持っている理由は、ひとえに仮想通貨の「実態」、つまり「仮想通貨とはなんなのか」を理解していないからだと思います。

でも、仮想通貨に関する情報はインターネットにあふれていますし、ちょっとやる気を出して理解しようとすればある程度は仮想通貨市場、またそれぞれの通貨がどんなものか理解できるはずです。

むしろ、僕は「学生こそ仮想通貨投資を積極的にするべき」だと思うのです(別に仮想通貨でもなくてもいいのですが、はじめる上でのハードルは仮想通貨は一番低いです)。


学生は失うものが少ない

単刀直入に言って、学生が仮想通貨を始めるうえで大きな「リスク」はありません

仮想通貨通貨は「通貨による投資」なので、FXをやらない限りは負けたとしても損失額が原資(はじめに投入した資金)よりも大きくなって、莫大な借金を背負ってしまうようなことはないのです。

仮想通貨は電子上の通貨なので、フィアット(法定通貨)に比べると一般的なリスクは上がりますが、仮想通貨に投資することは基本的にアメリカドルやユーロなどの外貨を買うことと同じと思っていいと思います。

また、もし仮に自分の投資した通貨の価値がゼロになった場合を考えてみてください。

もしあなたがサラリーマンですでに家庭を持っていて、多額のお金を投資しているなら、投資額がゼロになってしまうのは相当きついでしょう。

でも僕を含めた学生のみなさんは、まだ就職もしておらず結婚もしていません。少し投資に失敗したからといって、失うものは限られているのです。

あと、学生の僕たちが投資するからといっても、どうせ投資できる金額は限られています。いくら頑張っても月10万円くらいでしょう。ほとんどの人は使えても月に2〜3万円くらいだと思います。

それくらいのお金を仮に失ってしまったとしても、人生棒にふるなんてことはありませんよね。僕たちが投資したお金がゼロになっても、失うものはたいしてないのです。学生っていうのはそのくらい気楽な身分なのです( ´∀`)

僕はこれくらいの金額であれば、ある程度のリスク(そんなに大きくないです)を背負って仮想通貨投資を初めてみるのはアリだと思います。

ちなみに、僕は2016年の夏に10万円で仮想通貨投資を始めました。今の総資産額は明らかにはしませんが、かなりの金額が増えました。仮想通貨が絶対に儲かるとは言いませんが、僕は原資10万円で少しの夢を見られるなら投資を始めるのもいいですよね。

学生には時間がある

僕はアメリカの大学に通っているので一概には言えないのですが、大学生って暇な時間が多いですよね。

仮想通貨に限ったことではありませんが、投資は情報戦です。いかに多くの情報を仕入れて、それを整理し、正しいものに投資できるかどうか。こういう作業が投資をする上では本当に大事です。

そして、いろんな情報を収集するのはかなり時間がかかります。たとえば、バリバリ働いている多忙なサラリーマンの方であれば、これをする時間を作るのは簡単ではありません。

そういう人たちに比べて、学生はどうでしょうか。時間を作ろうと思えば、おそらくかなりの時間が作れますよね。

これが、学生が投資をする上でもっとも有利なところです。確かに知識はまだ少ないかもしれませんが、努力次第でどうにだってなると思います。大事なのは、「する」という決断をできるかどうか、です。


投資は勉強になる

投資をする上では、色々なことを勉強し、知る必要があります。それぞれの銘柄だけでなく、市場全体の流れ、また政治や経済のニュースにも敏感になっておかなければなりません。

実際にこういう勉強は、社会の流れや仕組みを知ることにかなり役立つのです。こういう知識や感覚は、就活などをする上でも貴重な財産になるのではないでしょうか。

また仮想通貨といえども投資は「投資」です。

今は銀行の金利がほとんどゼロになってしまっているので、昔ほど銀行でお金を貯金しておくメリットがありません。自分の資産を投資・運用することは当たり前の社会にありつつあります。

仮想通貨に投資することで、「投資とは何か」をぼんやりでもいいのでつかんでみてください。仮に失敗してしまったとしても、これからの人生で投資をする上での勉強・経験になることは間違い無いと思います。


ここまで書いてきたように、投資をする上では学生は社会人の方々よりも有利な点がいくつもあります。

リスクとリターンを考えれば、(仮想通貨に)投資をはじめるのもアリなのではないでしょうか。投資を始めれば、かなり社会全体への感度も上がりますよ。

The following two tabs change content below.

マルコ

アメリカ在住の大学生。 2016年の夏から仮想通貨投資をしています。学生から投資をすることの大切さを実感し、投資をしたことがない人でもわかるようなブログを目指しています。海外記事の翻訳もやるので気軽にご連絡ください。
スポンサードリンク